TOPページ > メモ帳

メモ帳を作って節約

普段の生活のなかでできる節約術として、多くの人が活用しているのが裏紙をメモ帳代わりにするものです。カレンダーなどは必ずめくっていくことになります。そのときに出る裏紙を利用してメモ帳を作っておけば、わざわざノートを買う必要もありませんし、ちょっとした覚え書きにも利用することができるのです。

未使用の白紙を使ってしまうのはもったいないなというときでも、裏紙ならば気にすることなく下書きやメモ代わりにできるというわけです。

カレンダーはメモ帳に最適

裏紙のメモ帳作りには、カレンダーが適しています。広告紙なども毎日郵便受けや新聞受けに入っていますが、両面に印刷されているものも多くあります。カレンダーならば、その月の終わりに1枚めくるときに裏紙が出ます。

それを適当な大きさで揃えられるように切っていくだけでいいのです。日めくりタイプならば毎日裏紙が出るので、そのままゴミ箱に捨てるのではなく、再利用していくようにしましょう。大きさを揃えてクリップなどで留めればいいだけです。

メモ帳の形に整える

カレンダーなどの裏紙は、まとめて箱やファイルなどに入れて必要なときに取り出すという使い方でもいいのですが、メモ帳のかたちにしてしまったほうが使い勝手が良いという人もいます。1番簡単なまとめ方はクリップで束にする方法です。

机の上などに置いておくこともできますし、マグネットタイプのものを使えば冷蔵庫の扉につけておくこともできます。たくさん裏紙があって厚みがある場合は、端をティッシュなどで糊付けすると上手くまとまります。