TOPページ > 電気代の節約

節電

原発への不安が高まり再稼働が難しい昨今、電力会社各社は採算性の悪化に苦しんでいます。東京電力管内に限らず電気料金の値上げは十分有り得る話でしょう。そんな中で電気代を節約するためには、やはり大きなところから抑えていくのが基本になるでしょう。

電気の使用量としてまず大きいのが冷暖房電力です。物理的に考えて、外気と室内気温の差が大きいほど維持に電力を食うようになります。健康の面から考えても冷房・暖房は温度設定を外気に近づけて控えめにして、薄着・厚着で対応したいところです。

断熱効果

電力を一番食う部分として忘れてはいけない冷暖房電力。これを削減するには部屋の断熱を見直すのが有効です。特に大きな窓を持っている部屋などはかなりの冷熱が無駄になっています。

冬になると窓に貼り付けて断熱性を向上させるシートなどが売られていますが、これは冷暖房どちらにしても有効なので、積極的に活用していきたいところです。また、暖房に関しては無理に部屋全体を暖めるより、こたつなどで足元を暖めるほうが効率的です。

消費電力

冷暖房の電力削減には、適切な冷暖房器具の買い替えも重要です。例えば10年前と現在ではエアコンの能力に格段の差があり、同じ冷暖房を行うのに必要な電力が数分の1になっている例も珍しくありません。

高効率化されたエアコンの場合、暖房もエアコンで行ったほうが結果的に安上がりということも有ります。また、エアフィルターが詰まっていたりすると無駄に抵抗を受けて電気を余分に食いますので、こまめな掃除で正常稼動を保つことも電気代節約には重要です。