TOPページ > うまく収納するには

簡単そうで難しい収納

家の中が雑然としている、そういった方も多いのではないでしょうか?片づけているつもりでも、部屋全体を見渡してみるとゴタゴタしていてまとまり感がなくなってしまっている方も少なくないと思います。なぜ、部屋を片付けることがうまくできないのでしょうか。

それは、いらないものが捨てられなかったり、物を大切にしまっておくことや保管しておくことが良いことだと勘違いしていることが多いからではないでしょうか。その他にも、収納の方法が良く分からない、上手に収納することができないという方もたくさんいるのではないかと思います。

確かに、部屋の大きさも限られていますから収納のスペースも必然的に限られてきてしまいます。限られたスペースの中でいかに上手に収納を行っていくのか。それは、収納グッズを上手に活用する以外にも方法があることを知っていますか。

見せる収納も

収納は「しまう」ことだけがすべてではありません。今は「見せる収納」もアリの時代です。収納=隠すことだけに拘らず、普段使っているものなどをどうやって見せて収納をしていけばいいのかにも注目をしていきましょう。

また、どこに何を置くのか、どこにどのようなものを収納していくのかを予め決めておくのも良い方法です。たとえば、普段使うものや比較的登場頻度の高いものを取り出しやすい場所に一緒に収納をしておくようにしたり、見せる収納にして片付けてみましょう。逆に普段あまり使わないものであったり、掃除道具など部屋の雰囲気を崩してしまうようなものに関しては、隠す収納のアイデアを利用して部屋を片付けていくとスッキリするでしょう。