TOPページ > 自分の足で

近くのお店の価格も大事

一番値引き交渉で役に立つのが近くの店の価格です。競合店でもありますし、実際に価格を調べに行けるからです。お客さんの方も近くなら安いお店で買った方がいいと思いますし、価格競争は現実的なものになります。

店員さんも近くの競合店に負けないように価格を出してきます。競り合いですね。遠くの店の価格より近くの店の価格の方が、値引き交渉をする上でお客さん側に優位にはたらくことでしょう。

違うメーカーの商品の価格も調べておく

機能的にあまり変わらなければ、他者メーカーの商品も一緒に加えて値引き交渉をするのもいいでしょう。本命の商品の値引き率が少なく、考えていた予算より高くなった場合、他社製品の物に変えようと考えた時、もう一度値引き交渉をする手間がはぶけますし、また商品選択の幅も広がることでしょう。

地デジ化にともない、私もテレビを買い換えました。その時、メーカーなど違うテレビの見積もりを何点かしてもらい、値引き交渉をしました。結構な値引きが出来ました。時間と手間は掛かりますがやってみるものです。