TOPページ > 値引き交渉

店員の見極め

値引きをしてくれる店員とあまりしてくれない店員はいます。その見極めが大事です。同じ店で買っているとそれが分かります。あの人の場合は結構値引きしてくれるのに、この人の場合はあまりしてくれない。

私の経験上、年がちかい人ほど結構値引きをしてくれます。これは偶然かもしれませんが、私の場合はそうです。お店に行き年のちかい店員を見つけ、そして値引きしてくれそうな雰囲気があるかを見ます。

そして実際に値引き交渉をします。交渉をしている時に何度か聞きに行く店員がいます。こういう時は私の経験上、結構値引き出来ました。交渉する相手によっても値引き金額が変わるので店員の見極めは大事だと思います。

最安値を考える

値引き交渉をする際、目標金額を決めることが必要です。ネットや周辺の競合店の価格を調べ、ネット上の最安値、店頭売りの最安値を調べます。それをもとにどのくらいまで安くなるかを考え、店員にこのくらいの金額にならないかと言います。鎌をかけるような感じです。

鎌をかけるにしてもネット上の最安値はほぼ無理ですので、ネット上の最安値と店頭売りの最安値の中間くらいの金額を店員に言います。そこから交渉をして自分で決めた目標金額になるように粘り強く交渉していきます。

値引き交渉をする際、場合によっては少し妥協をする必要もあるかもしれませんが、出来ることなら自分の希望購入金額まで値引きさせられるように頑張ることも大事だと思います。